News

2017-11-05 20:00:00

地元の母校である深江小学校開催された『深江歴史文化まつり』において、3日に引き続き、『ラグビーにLet's TRY!』を実施しました。

小学校の体育館や運動場で、土日や夜間に活動されている同好会やクラブのみなさんに加わらせて頂き、ラグビーを知らない小・中学生にラグビーに関するクイズをして、パスなどを体験してもらおうという趣旨で実施しました。

私自身が行った告知が十分でなかったことと、会場でのアナウンスはまつりに参加するために会場に入ってこられた時に私が声をかけただけで、会場内でのイベントのお知らせの放送などもなかったので、定刻になってもなかなか集まってもらえませんでした。

ところが、一人の男の子が「ラグビーやりたい」と近寄ってきてくれて、まだ参加者勧誘をしていたので、ビニールのラグビーボールでパスをしてもらい始めると・・・同じ体育館にいた男の達が、チラホラと集まってきてくれました。

結局、小学校2年生から4年生までの男の子がクイズに参加してくれ、最後の方には隣のスペースで少林寺拳法をやっていた女の子も加わってくれました。

パスを体験してもらったビニール製のボールや、参加記念にプレゼントしたスーパーボールの楕円の形ゆえの予測不可能なボールの動きを、お子さんたちは面白いと感じてくれていたようで、しばし楽しくボールで遊んでいました。

「ちょっとだけラグビーやったことある」という2人の男の子がいたものの、やったことがない子どもたちには、ラグビーのルールや背景など知る由もありません。

みんな2年前には五郎丸のポーズをテレビで見たり、マネをしてたのでは?でも体育の授業でラグビーはやらないし、テレビなどでも試合も見たりする機会がないのかな?2年後にはワールドカップが、お隣の東大阪花園ラグビー場で開かれるので、海外からも多くの人たちがやって来るんだよ!ラグビーというスポーツに興味がなくても、世界の人とつながるチャンスとして興味は感じない?今回のイベントでは、そこまで踏み込むことはしませんでしたが、今後の活動のベースとして、現状を知ることができました。

お国を挙げての『グローバル化』という方向性の下、自分たちの国、地元にいても海外の人たちと接することができる機会なので、それを最大限に活用できるよう、子どもたちにも大人の方々にも周知と、刺激を与えることができたらなぁ〜と自己反省かつチャレンジ精神を自ら鼓舞する出来事となりました。

そして、今日は自分の母校である小学校でのイベントということで、日頃ご挨拶はさせていただく程度のご近所の母の知人の方々とお話しをさせて頂き、後輩である小学生と話をしたり、郷土愛みたいなものを感じることができました。通常、ボランティア活動とは無縁の私ですが、ご近所のみなさんと一緒に関わらせて頂いて、とても貴重な経験となりました。

 

RugbyLet'sTRY 11月5日RugbyLet'sTRY 11月5日RugbyLet'sTRY 11月5日RugbyLet'sTRY 11月5日


2017-11-03 23:15:00

いよいよ2年後に迫ったラグビーワールドカップの試合が開催される東大阪の隣に位置する、我らの東成区でもラグビーに親しんでもらいたいという思いで、去年は英語イベントをさせて頂いた『ひがしなり街道玉手箱』にて、今年は『ラグビーにLet's TRY!』というイベントを小学生と中学生対象に実施しました。

残念ながら期待していたほど多くのお子さまにお集まりいただけませんでしたが、参加してくれた小学生と中学生は、ラグビーに関するクイズの後、元ラガーマンの大学生に教えてもらいながら、ビニール製のラグビーボールを使ってパスやキックのしかたを体験してくれました。

花園ラグビー場のある『ラグビーのまち東大阪』では、小学校の体育の授業の中で男女ともにタグラグビーを体験します。その授業では、ラグビーのことをどこまで教えているのかはわかりませんが、おそらく簡単にラグビーというスポーツについてルールや背景を教えているんだと想像します。

この東成区内では、大阪中央ラグビースクールが相生中学校で練習をされています。夏に見学させて頂きましたが、3歳からの幼児チームと、小学生チームに分かれてかなりの数のお子さんが元気に練習していました。親がラグビーをされていたとか、友達に誘われたとか、何かのきっかけでラグビーに親しんでおられるお子さまがいる一方、小学校の体育でも実践されない状況ではなかなかラグビーを知るきっかけがないのでは?と残念に思います。

先日10月31日のワールドカップ日本大会組織委員会の発表によると、RWC2019が日本で開かれることの認知度は全国平均で51%という低調だったとのことです。2020年のオリンピックの陰に隠れてしまっている感もありますが、試合日程も発表されたので、まず開催都市からどんどん発信を行っていって、関心を持ってもらえるように趣向をこらし、ファンを増やしていく必要があると痛感します。

明後日5日には、母校の深江小学校で『深江歴史・文化まつり』の一環として、再度『ラグビーにLet's TRY!』を実施します。地元の子どもたちに、ラグビーのことを少しでも知ってもらえるよう多くのお子さんが集まってくれることを期待しています。

ラグビーにLet's TRY! 11月3日RugbyLet's TRY 11月3日RugbyLet'sTRY 11月3日RugbyLet'sTRY 11月3日

 


2017-11-02 20:00:00

ラグビーワールドカップ2019の決勝戦まで、丁度あと2年となる今日11月2日、待望の48試合の日程と試合会場が発表されました。

大阪駅でのPVに行こうか?と迷いつつ、自宅にてネットで発表会の様子を見ました。

まず、我らが東大阪花園ラグビー場での初戦は、9月22日(日)14:15 Kick offのプールBの、イタリア vs. アフリカ地区代表。

その直後の神戸では、なんと、イギリス vs. アメリカのカード!!思わず「ええなぁ〜〜〜」と声が出ました。神戸なら行こうと思えば行けるけど、「アメリカの試合を花園で!」と熱望していた私は大きく落胆・・・

次に、プールDの試合が発表され、花園では10月3日に、ジョージア vs. フィジーが。

そして個人的に大事なプールCの発表。9月28日(土)13:45K.O.に、アルゼンチン vs. トンガが東大阪と言われた時には、プールCの試合はこれだけだろうと思って、ガックリ・・・

しかし!アメリカは、10月2日に福岡でフランス戦、9日に熊ヶ谷でアルゼンチン戦の後、10月13日(日)14:45K.O.でトンガと対戦するために花園にやって来ると!!!

後でネットで知ったのは4試合が行われるというのはスゴイことらしい。

日本代表の試合は西では開催されないことや、決勝トーナメントは東京、横浜、大分の3会場だけだけど、収容人数などの問題で仕方がないか・・・

チケット情報もリリースされ、スタジアムパックやチームパックというセット券もあるとのこと。チケットサイトは、アクセスが集中しているようで閲覧不可能。

価格がどの程度なのかよくわからないけど、花園と神戸のアメリカ戦は絶対に応援に行きたい!

ついに花園にやってくるチームが決まったので、ホスト・シティーとして準備を始動せねば!!



1