News

2018-02-05 10:21:00

地元、花園でのラグビーワールドカップ開催が決まり、この機会に「Rugby x 英語」で何かやりたい!と考えて始めてから早3年弱・・・試行錯誤の中で、いくつかのアイデアをトライしつつ実現につなげることができなかったところ、ようやく第一弾のプロジェクトをスタートする運びとなりました。

 

布施えびすバル実行委員会とコラボし、東大阪市最大の繁華街である布施商店街の飲食店のオーナー、スタッフを対象に201828日より『接客英会話クラス』を実施します。

 

東大阪市花園ラグビー場では、トンガ、アルゼンチン、アメリカ、イタリア、ジョージア、トンガ、アフリカ地区代表の4試合が行われますが、海外からの観戦客とのコミュニケーションは、基本的に“英語”です!そして布施商店街の飲食店でも、英語での応対が必要になってくることから、飲食店のオーナーやスタッフの方々に今からそれに備えていただくことになりました。

布施商店街の飲食店だけではなく、東大阪市内、大阪市内からも受講希望があれば、ご参加いただけます。

 

クラスの実施詳細は、こちらをご覧ください。

 

来阪外国人は、2017年に初めて1千万人を超えました。『ゴールデンスポーツ・イヤーズ』と呼ばれる、ラグビーワールドカップ2019からワールドマスターズゲームズ2021関西までの3年間、そして招致活動中の2025年大阪万博が実現すれば、今後さらに大阪へのインバウンド観光客の増加が見込まれます。

大阪はアジアからの観光客に大人気とのことですが、ラグビーワールドカップでは欧米豪からの観戦客が多く見込まれており、その人たちが大阪のファンやリピーターになってくれるかどうかが、大阪におけるスポーツ・ツーリズムおよび観光産業の将来の鍵を握っています。

 

そして、観戦客が世界からやって来るラグビーワールドカップは、またとない国際交流のチャンスです。「ラグビーをプレイしたり観戦することによって、またワールドカップをホストすることで、多くの人の英語学習のモティベーション・アップや、異文化への興味・関心につながってほしい」と願っています。

 

今後NANNO & COMPANYではラグビーワールドカップ2019開催に向け、英語での情報発信も行っていく予定です。