News

2017-11-03 23:15:00

いよいよ2年後に迫ったラグビーワールドカップの試合が開催される東大阪の隣に位置する、我らの東成区でもラグビーに親しんでもらいたいという思いで、去年は英語イベントをさせて頂いた『ひがしなり街道玉手箱』にて、今年は『ラグビーにLet's TRY!』というイベントを小学生と中学生対象に実施しました。

残念ながら期待していたほど多くのお子さまにお集まりいただけませんでしたが、参加してくれた小学生と中学生は、ラグビーに関するクイズの後、元ラガーマンの大学生に教えてもらいながら、ビニール製のラグビーボールを使ってパスやキックのしかたを体験してくれました。

花園ラグビー場のある『ラグビーのまち東大阪』では、小学校の体育の授業の中で男女ともにタグラグビーを体験します。その授業では、ラグビーのことをどこまで教えているのかはわかりませんが、おそらく簡単にラグビーというスポーツについてルールや背景を教えているんだと想像します。

この東成区内では、大阪中央ラグビースクールが相生中学校で練習をされています。夏に見学させて頂きましたが、3歳からの幼児チームと、小学生チームに分かれてかなりの数のお子さんが元気に練習していました。親がラグビーをされていたとか、友達に誘われたとか、何かのきっかけでラグビーに親しんでおられるお子さまがいる一方、小学校の体育でも実践されない状況ではなかなかラグビーを知るきっかけがないのでは?と残念に思います。

先日10月31日のワールドカップ日本大会組織委員会の発表によると、RWC2019が日本で開かれることの認知度は全国平均で51%という低調だったとのことです。2020年のオリンピックの陰に隠れてしまっている感もありますが、試合日程も発表されたので、まず開催都市からどんどん発信を行っていって、関心を持ってもらえるように趣向をこらし、ファンを増やしていく必要があると痛感します。

明後日5日には、母校の深江小学校で『深江歴史・文化まつり』の一環として、再度『ラグビーにLet's TRY!』を実施します。地元の子どもたちに、ラグビーのことを少しでも知ってもらえるよう多くのお子さんが集まってくれることを期待しています。

ラグビーにLet's TRY! 11月3日RugbyLet's TRY 11月3日RugbyLet'sTRY 11月3日RugbyLet'sTRY 11月3日