News

2017-05-10 15:22:00

今朝は、下鴨神社で行われた2019年大会の成功を祈願するセレモニーを見物してきました。

 

一般見学者も大勢押し寄せるだろうと思って、大阪を7時過ぎに出発し、下鴨神社に到着した845分頃には会場はまだ準備中で、私が一般見学者一番乗りだったようです。

 

続々と参列者の方々が到着され、元木由記雄さん、大畑大介さん、廣瀬俊朗さん、村上晃一さん、そして野田東大阪市長のお姿も・・・

 

坂田好弘関西ラグビーフットボール協会会長を先頭に、2019年大会に出場が決まっているチームのヘッドコーチらも到着し、村上さんの司会でセレモニーのスタート。

 

下鴨神社の宮司さんの後、RWC2019組織委員会会長の御手洗冨士夫(日経連名誉会長)のご挨拶に続き、保存会の人たちが蹴鞠を披露し、ヘッドコーチたちもチャンレジし、次のグループに交代するよう促されても、名残惜しそうにまだプレイされてました。私がいた一般見学者のスペースからは、その様子はよく見えませんでしたが、ラグビーワールドカップのTwitterでは早速、映像がアップされています。

 

その後は、参列者の方々がラグビーボール型の絵馬に署名しました。

 

イギリスとアイルランド以外の地での、抽選会の京都開催だけではなく、このセレモニーも、坂田会長の「関西でラグビーが産声を上げた地で伝統の蹴鞠を見せる。第一蹴の地をぜひ世界に紹介したい」という思いから実現したとのこと。

 

「19年の前に1度、試合以外の魅力も発信した方がいい。」「今回をきっかけに、ラグビー発展の地を受け継いでいくことが、日本でW杯をやったレガシー(遺産)につながる」という、ラグビーの将来だけではなく、地元京都、そして日本の情報発信までも見据えた、坂田さんらしいお考えだと納得!

 

抽選会スタートまで、後2時間切りました〜