News

2017-01-22 23:26:00

今日は、大改修前のスタジアムを見学する「花園ラグビー場ありがとうイベント」に参加しました。

 

12時過ぎに花園に到着すると、RWC2019の袋を持った人たちが帰って行くので、もしや?と思っていると、11時半にポストされていたTwitterNHK Webニュースで、午前にも実施されていたことを知りました。

 

私が参加した1時からの午後の部は、140人が3グループに分かれて見学ツアーをスタート。

 

小雨が降る中、グラウンドに出て、天然芝には入らないという条件付きで人工芝の部分に立たせてもらい、私は時間があったのでフィールドを歩いて1周回りました。

 

フィールドでの記念撮影の後、メインスタジアム下にあるロッカールームへ。花園にはロッカールームが2種類あり、そのうちの国際ロッカールームA, B, C, Dは、トップリーグや国際試合の際と、全国高校ラグビー大会のベスト4のチームのみが使用できるもの。

そして、準決勝まで使用されるのは、16一般ロッカールームというより、部室‘って感じの小部屋。これらの16のロッカールームはRWC2019に向けて、11のロッカールームへとリノベーションされ、バックスタンド側にも新設されます。

 

高校ラグビー開催時に主催者である毎日放送が使用する主催者室は、RWC2019では、ドーピング・ルームとなるそうです。

 

メインスタジアムの階段を上がり、最上部にあるVIPルーム、貴賓室、記者室も見学。場内放送をする放送室に加え、毎日放送とNHKの放送席など小部屋があり、高校ラグビー大会開催期間中は全国から記者がやってくるので、記者室は非常に大きなスペースでした。

 

一般ロッカールームの数と言い、記者席の数と言い、やはり花園ラグビー場は全国高校ラグビー大会のためのラグビー場だという印象を持ちました。

 

その後は、常設の資料室と、ガラッと変わってしまう南側の入口エリアに移動。この南側の正面玄関は、15メートル南に移動し、高さも10メートルになります。完成イメージ図を見ると、モダンな建築といった玄関になるようです。

 

ワールドカップを開催するにはいろんな面で現状では無理だということですが、あらためて花園ラグビー場の表裏を見せてもらうと、まるで草ラグビー“という感じの(いい意味での)土臭さを感じます。バックヤードの作りや場内の設備をとっても、レトロというか古臭い感じが、1929年に日本初のラグビー専用グラウンドとして開場された花園の歴史を感じさせてくれました。改修後は、高校ラグビーも大学も、近代的な洗練された、’front line’(最先端の)フィールドでプレーすることになる、大きな過渡期にいることを強く感じました。

 

見学が終了すると、東大阪市花園ラグビーワールドカップ2019推進室による『花園の歴史』と改修計画のプレゼンと、毎日放送が制作した高校ラグビーのビデオが上映されました。

 

その後、トップリーグの選手会の協力で提供された、選手のサイン入りジャージ、スパイク、ボール、フィールドコートなど数多くの品が抽選でプレゼントされました。私も、トップリーグHONDAのジャージパンツと、NTT Communications Shining Arcsの座布団が当たりました。

 

この1年半あまり、RWC2019の花園開催を盛り上げよう、成功させようというイベントにはいくつか参加してきました。今日の見学会には、小さなお子様からシニアの方々まで幅広い年齢層の方が参加され、しかも東大阪および大阪、関西からだけでなく、全国から参加者が来られたと報道にもありました。11の他の開催都市でも、最近はいろいろなイベントが実施されていますが、今日のこのスタジアムツアーは、参加者に貴重な経験を与えてくれただけでなく、東大阪市役所(花園ラグビーワールドカップ2019推進室)と花園を愛するファンの距離を縮めた非常に有意義なイベントだったと思います。

 

「花園ラグビー場、ほんまに、ありがとう!」

 

☆スタジアムツアーで撮影した写真を、Photosのページにアップしています。