News

2016-12-31 20:00:00

12月30日に行われた2回戦の中からMoDとして、中部大春日丘(愛知)と仙台育英(宮城)の試合をとりあげたい。

 

中部大春日丘は激戦区愛知県代表として4年連続の花園出場であり、Bシードとしての出場である。
しかし、今シーズン春日丘は戦力ダウンに悩まされていた。スター選手の多かった昨年から、FW8人中7人が卒業、また、90kg級の両センターも抜けた。また、メンバーの中に下級生が多く、チームのスタートした時は不安要素が多かった。
ところが、「絆」をスローガンに結束力を武器に戦った。新入生にまでしっかりと気を遣い、部員65人がひとまとまりになることで、一歩ずつ着実に努力することで、結果を出すことができた。
一方、仙台育英はノーシード校ではあるものの、花園常連校であり、拮抗した試合が予想された。
両校1本ずつトライを取り合って迎えた前半終了間際、春日丘は敵陣深くのスクラムから、8人のまとまったプッシュによりターンオーバー。そのままPRがインゴールに飛び込み12-7で前半を終える。
後半開始早々、仙台育英はPGで差を詰めたが、7分には春日丘がインターセプトからトライ。続く12分にもBKの息の合ったキックによりトライをあげる。
しかし、後半19分と21分に仙台育英に連続トライを許し、点差を詰められる。しかし、最後のコンバージョンは失敗し、24-22で試合終了。春日丘ひ熱戦をモノにした。
後半の途中には、集中力を欠きミスから失点する場面が見られたが、チーム一丸となり立て直すことが出来た。次は鬼門である3回戦。結束力を武器に京都成章に挑む。