花園改修工事

201612月8日に開催された東大阪市「花園ラグビー場みらい魅力活性化委員会」では、花園ラグビー場の改修計画は以下のように発表されました。

 

改修内容:

                ♦座席数は、3割増の2万4,800席

                ♦ベンチ席から背もたれ付き個別席 

                ♦大型スクリーンの新設

                ♦照明の新設

                ♦北側にスタンドの新設

                ♦南側スタンドの増設

                ♦ロッカールーム、VIPルーム、貴賓室などの改修

                ♦エレベーターの改修・増設

          

 改修後イメージ図

 

改修工事費=726,000万円

                ♦約292,000万円は国の交付金などで賄う。

                ♦市の負担限度は約41億円で、約24,000万円は企業や市民の寄付で補う予定。

                11月末現在の寄付金額=約1100万円

 花園ラグビー場イメージ図2.jpg                                                                      改修後イメージ図                                                                           

 

★201712月末から281月初めまでに行われる全国高校ラグビー大会の期間中は工事を休止

★大学ラグビーやトップリーグの試合は、改修工事完成までは実施されない。

 

(※上記2枚の『改修後イメージ図』:東大阪市花園ラグビーワールドカップ2019推進室提供)