Rugby x 英語

ラグビーが生まれたのは、イギリス。

したがって、ラグビーで使われるのは英語がほとんど。

(注:「マイボー」や「ヤンボー」は英語ではありませんが・・・(笑))

 

「ラグビーをプレイしたり観戦することによって、また2019年にラグビーワールドカップをホストすることで、多くの人の英語学習のモティベーション・アップや、異文化への興味・関心につながってほしい・・・」

そんな思いから、「Rugby x 英語』のプロジェクトを実施します。

その第一弾『布施えびすバル』とのコラボの、飲食店向け『接客英会話クラス』は、2018年2月からスタートします。

 

GoalPost.jpg